病院で行う包茎の治療にはどんな方法があるの?

包茎に悩むならお医者さんに相談してみよう

包茎は大別すると、「真性包茎」、「仮性包茎」、「カントン包茎」の3種類があります。
仮性包茎は日本人男性の7割位が該当し、状態にはかなりの個人差がある包茎といえます。真性包茎は性病の原因になりえる可能性があり、カントン包茎は、放置しておくと細胞の壊死を引き起こす可能性のある包茎です。
これらの各種包茎は、衛生面の問題やほかの様々な問題により、男性にとってコンプレックスになってしまうことも多々あります。
コンプレックスを持ち続けてしまうことは、精神衛生上プラスになることはないので、あまりに悩むようであったら、クリニックでカウンセリングを行ってみることが良いでしょう。
デリケートな部分の治療なので、カウンセリングしてくれるお医者さんは、全員男性という病院もあるようです。

切開して治療する方法も、切らないで治療する方法もあります!

包茎の治療方法には、切開して治療する方法と、切開しないで治療する方法の2パターンがあります。
切開して治療する方法は、環状切開法、背面切開法、鬼頭直下埋没法があります。
環状切開法は、余分な包皮を輪切りにして除去する方法で、もっともメジャーな治療法といわれています。背面切開法は、真性包茎、カントン包茎に有効な方法で、亀頭が出やすくするようにする方法となります。亀頭直下埋没法は、陰部の全長に合わせて余分な皮を切除して、亀頭のすぐ下で縫合する方法です。
これらの施術は長くても4,50分で終わり、入院などの必要もありません。
切開しないで治療する方法は、矯正器具の着用、糸や接着剤で余分な包皮を固定する方法があります。
このように切る方法、切らない方法ともに治療方法は揃っているので、コンプレックスになってしまうようだったり、カントン包茎のような危険な状態にある方等は、恥ずかしがらずにお医者さんにまず相談をしてみるのが一番だと言えるでしょう。

包茎治療をすることで、前向きな生活をすることができるようになります。内側から主体性が湧き出てきて、積極性が身につきます。