お医者さんに包茎を見せるのが恥ずかしい時はどうすればいい?

お医者さんは何も思っていない

自分の包茎を見せるのは恥ずかしいですし、特にコンプレックスが強い場合は更に抵抗してしまいます。ただ、包茎を見せなければ包茎は一生改善しませんし、このまま一生悩み続けることになります。なので、恥ずかしいという気持ちを頑張って消さないと何も始まらないことになります。
また、お医者さんは包茎手術のプロで今まで多くの包茎を見てきたはずです。故に、お医者さんからすると包茎を見ても無感情で淡々と治療方法を考えていきます。仮に包茎を見せて嘲笑したり侮辱的な言葉をかけられたとすれば、それは大問題となりその医者は今後病院を続けることができないはずです。しっかりと治療するには、むしろしっかりと包茎を見せるという心構えが大切です。

男性スタッフ中心の病院を選ぶ

どれだけ考え方を変えたとしても恥ずかしさが拭えない場合は、男性スタッフ中心の病院を選ぶしかありません。やはり異性に見せるよりも、同性に見せた方が緊張が和らぐからです。何も考えずに病院に行くと、女性が出てきて驚く場合もありますが事前に調べておけば問題ありません。
もちろん女性であっても包茎を見慣れていますし、仕事として包茎に接する訳なので過度に不安になる必要はありません。むしろ、女性に診てもらうのは嫌だと言って否定してしまうのは差別的な態度です。男性スタッフを中心に構成された病院は決して多い訳ではなく、場合によっては近くにない可能性もあります。包茎手術は病院によって異なりますがそれなりに多く出費するので、計画的に利用したいです。